Q.月途中で要支援⇔要介護の区分変更時に居住サービスを残して実績を再作成するには?

A.月途中で要支援⇔要介護の区分変更時に作成済み実績スケジュールを削除する必要がある場合に、
以下の手順で実績の削除及び再作成を行うことで、作成済み居住サービスを変更せずに実績の再作成ができます。

※「付帯サービス」は以下の手順を行った場合に再作成されません。実績再作成後に手動で設定が必要です。
事前に付帯サービスの設定状況をご確認の上、必要に応じて控えをお取りください。

 実績を削除する

  1. 《予定管理》〈月間個人予定〉画面で利用者を選択します。
    412.jpg

  2. 対象年月をクリックし、スケジュールを削除する月を設定します。

  3. 「暫定」をクリックし、スケジュールの状態を変更します。

  4. 「プランのクリア」をクリックし、「平成○年○月分【暫定】の月間スケジュール情報を〜」
    のメッセージが表示されたら「はい」をクリックします。
    418.jpg

  5. 次に「居住サービスもクリアしますか?」のメッセージが表示されたら
    「いいえ」を選択します。
    419.jpg

  6. 月間スケジュールをクリア後に「平成○年○月分の予定スケジュールを展開しますか」
    と表示されたら「いいえ」をクリックします。
    415.jpg

スケジュールを削除したら、区分変更後の新しい被保険者証情報を登録し、実績を再作成します。

  関連情報  
月途中で要支援⇔要介護の区分変更の場合に被保険者証はどう登録するのか?
要支援⇔要介護の区分変更時に被保険者証の登録ができない。

  実績を再作成する

  1. 《実績管理》〈月間個人実績〉を開き「月間スケジュールの展開」ダイアログが表示
    されたら「いいえ」を選択します。
    ※ここでスケジュールを展開してしまうと、居住サービスは初期値で上書きされてしまいます。
    ご注意ください。
    428.jpg

  2. 月間個人実績画面がからの状態で表示されたら、「最新の情報を反映」をクリックします。
    729.jpg

  3. 付帯サービス・居住サービスの再作成ダイアログで、オプション「既存の付帯サービス
    ・居住サービスを保持する」を選択し「実行」します。
    430.jpg

  4. 居住サービスは変わらず、実績が最新の状態で作成できました。
    431.jpg



Last-modified: 2013-07-03 (水) 17:01:05 (2296d)