Q.「料金情報」の「課金コード」はどのように設定するの?

A.「課金コード」は利用者の請求書の明細の記載順序を指定する項目です。

以下をご確認の上、事業所様の運用にあわせてご設定ください。

※「課金コード」は、後から変更できません。設定時にはご注意ください。

※「課金コード」の番号は、1件につき1つ登録できます。
以前登録したことのある番号が使用できないように保護(ガード)がかかります。(変更不可)

<設定について(重要)>

課金コードは6桁の数字となります。

請求書の明細は「課金コード」の昇順(番号の若い順)で記載されます。
(000000が請求書の明細の一番上に記載され、999999が明細の一番下に記載される)

設定は事業所の料金表にそって登録します。以下は一例です。

参考一例

  • 上2桁「**0000」⇒大分類を設定します。

    01〜99まで使用することで大分類を99種類まで登録できます。
    数字の若い方に毎月発生する月単位の課金を登録することで、
    請求書を印刷した際に、明細の上位で印刷されます。

    例えば

    • 01〜・・・家賃など月単位で必ず発生する料金
    • 02〜・・・管理費・水道光熱費など月単位で発生する料金
    • 03〜・・・食費(朝食代・昼食代)など日単位で発生する料金
    • 04〜・・・延長サービスや病院付添など利用者によってたまに(随時)発生する料金
    • 05〜・・・オムツ・トイレットペーパーなどの消耗品で利用者によってたまに(随時)発生する料金



    • 99〜・・・調整金など、明細の最下位に記載したい項目
  • 下2桁目「0000*0」⇒項目ごとに設定します。

    〜10、〜20、〜30と下2桁目を変更しながら、各課金設定をしていきます。
    このように設定しておけば、仮に各課金の価格が変更になった場合も
    下1桁目を更新して登録していくことで、
    請求書の並び順が変更にならないように調整することができます。

    例えば

    • 020010「管理費」、020020「水道光熱費」と設定して水道光熱費の価格が変更になった場合、
      →020021「(新)水道光熱費」と新規で登録すれば、 請求書の並び順は変わりません。

お困りの時は?

料金表にそった設定方法でお悩み・お困りの場合は、お気軽に弊社担当営業/ヘルプデスクまでご連絡ください。

詳細をお伺いし、事業所様にとってベストな方法を一緒に設定させていただきます。


【ご参考】



Last-modified: 2012-10-27 (土) 14:13:19 (2842d)